自分の都合に合わせて婚活する|短期間で結婚しよう

  1. ホーム
  2. 世話人への依頼から始まる

世話人への依頼から始まる

ハート

良縁に出会うために

現代日本では、インターネットを介して、日本中の結婚相手を求めている男女と簡単に知り合えるようになりました。しかし、昔ながらの方法で行われているお見合いも、安全に最適な相手を紹介してもらう方法として、一定の評価を得ています。お見合いを通じていい出会いを探したいと思ったら、まずは世話人の役目を引き受けてくれる人を探さなくてはいけません。世話人はお見合い相手を紹介してくれる人のことで、一般的に恩師や上司、親戚のいずれかに該当する人に依頼します。結婚を考えている本人が直接世話人をお願いするのがいいとされていますが、両親が代わりに依頼しても構いません。気に入らない縁談を断るのは本人の自由ですから、先のことを考えて強引にお見合いをまとめようとするタイプなど、断りづらい人はなるべく避けましょう。自分の求める相手を紹介してもらうためには、釣書や家族書を渡す際に、なるべく具体的に希望の条件を伝えることが大切です。例えば、結婚後は仕事を退職して専業主婦になっても構わないかどうか、相手の家族との同居はしなくてもいいかなどです。もし縁談が来た時に、実際にその相手と会ってみたいと思った場合は具体的なお見合いの席をセッティングしてもらうことになります。断る時には、相手に失礼にならないように、一週間以内に断りの連絡を入れましょう。もらった釣書などの資料については、必ず世話人を通じて相手に返さなくてはいけません。